合同会社の確定申告

合同会社の確定申告の種類について


合同会社を設立すれば確定申告を行わなければなりませんが、このときには種類があるということを知っておく必要があります。その種類とは青色申告と白色申告です。この違いを簡単に言えば、青色申告を利用するためには色々面倒なことをしなければなりませんが、その代わりに色々な優遇を受けられると言うことです。税金を抑えるための方法だとも考えられます。面倒なことをするのが嫌なら税理士などに委託することもできますし、その場合の報酬を考えてみても青色申告を選んだほうが良い場合が多いです。
では、どのような優遇があるのかというと、もっとも大きなものが赤字の繰り越しです。青色申告をして合同会社を設立しておけば、赤字がでればそれを7年間繰り越すことができます。これがどれだけすごいことなのか例を挙げて解説します。
白色申告の場合、初年度が1000万円の赤字で、そして2年目が500万円の黒字、3年目にやはり500万円の黒字が生じた場合、2年目と3年目は、500万円に対して課税されます。繰り越しができた場合には、初年度の1000万円の赤字を繰り越すことができますから、3年目までは税金を納めなくて良いわけです。これだけでもも数百万円単位の節税になるでしょう。
合同会社を設立したときに、最初は色々な経費がかかるものです。事業が軌道に乗るまでには積極的に投資をしていかなければ成りませんから、お金がない状態が続くことも多いですし、決算が赤字になることも多いでしょう。3年くらいは赤字が続くと言うことも、決して珍しいことではありません。繰り越しができなければ、トータルで赤字であっても、単年度で黒字になれば税金を支払うことが必要となってくるのです。これは、起業したばかりの会社にとっては非常にデメリットの大きいことだと考えられます。
では、青色申告で確定申告するためには何が必要なのかというと、まず届出が必要となります。合同会社を設立すれば税務署へも届出をしなければならないのですが、このときに青色申告にするのか白色申告にするのかを選ばなければなりません。そして、承認を受けられれば青色申告によって確定申告を行う事が可能です。
青色申告を行うためには帳簿をそろえなければなりません。そしてきちんと帳簿をつけていくことが必要となります。ただ、白色申告の場合でももちろん帳簿はつけなければなりませんから、それほど大きなデメリットでもないと考えられます。”